2020年04月16日

『間』を考える

RIMG0446-thumbnail2.jpg

コロナウイルスの影響で様々の行事が中止になっています。家内が楽しみにしていた歌舞伎も次々と公演中止。

そんな中、松竹の大サービスで? 一週間だけオグリがYouTubeで流されており、家内は連日、興奮状態!!

私は横目でチラリぐらいですが、無観客での録画を見ますと、淡々と進んでいるようで見ている気がしません。

見得は切れども拍手なく・・・


          ※※※ ※※※ ※※※


拍手で盛り上がったり、大向うであったり・・・ 

きっと、そこには、百分の一秒単位でのズレが生まれ、見ている者にとって、きちんと演じられていること以上の気持ち良さや、臨場感を感じているのだろうと思っています。

祇園祭のお囃子ですが、たとえば、プロ集団が正確に鳴らせば良い音なのか? 多分、答えは いいえでしょう。小さな子も混じって、ときには間違って早く打ってしまう、コン、コンチキチンといった辺りに艶を感じるように思っています。


祇園会

初夏や愛宕山まで太鼓負ひ

鉾粽掛け替へし手に笹匂ふ

膝打つて祭太鼓の間を数ふ

玄関に山車の一番籤を貼る

鉾立や棟梁の声良く通る

鉾立や揺るる足場を横歩き

足場より踵はみ出づ雲の峰

鉾粽帯に挿しゐるしやぎりかな

宵祭更けて神楽の響く闇

注連縄へ稚児の一太刀夏兆す

巡行や鉾の屋根方逃げ場無き

灼くる地へ体傾げて辻回し

鉾過ぎて斎竹さやぐ大路かな

旅人も祇園祭の手締かな

夕日中神輿息づく如き揺れ


posted by てっぱん at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

AGED12YEARS 旨い

P_20200413_225219.jpg

1日が長くて長くて・・・

明日は休日ですが、ジムも図書館も閉まっていて、遠くへ出掛けることも憚られ・・・

家内は、今からユーチューブで歌舞伎を見ると最前列で(テレビの前)で張り切っているのでバーで飲むことにしました。

絵を見ながら、どんな音に囲まれていたんやろ? 風は吹いてた? と楽しんでいます。

posted by てっぱん at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

静かやな

IMG_1466.JPG

曜日の感覚が無くなってきたような・・・ 

こりゃ、大変だ とは思うけど・・・

世の中、もっと大変な人は多い。


伊吹嶺4月号より

冬の夜鎖掛けたる露店の荷

ゑびす市法被着て売る酒の粕

人波に乗つて笹来る宵ゑびす

隊列の進む枯芝舞ひ上げて

外海の音を遠くに寝酒酌む


posted by てっぱん at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

真面目に続編を

昨夜の続きを・・・

IMG_1444.JPG
上の写真は北山の中腹です。人が通るところではありませんが道のように伸びており、実は獣道です。ここまでハッキリしているのは、鹿や猪の銀座通りになっているからです。本来は、下の写真のように笹で覆われていたところです。


IMG_1457.JPG
以前、古本を買って北山を散策しましたら、その本にあった写真のような鬱蒼と茂っている場所が鹿に食べつくされ、地肌が見えるような場所に変わっており、道を迷ったのかと不安でした。数十年で劇的な変わり様となっていたのでした。


IMG_1342.JPG
昔は、山へ入って炭焼き用の伐り出しをしたりしましたが、生活様式の変化に伴い行われなくなってきました。たとえば、栗の木は市電の枕木に使われたりもしていたようです。

写真の「北山の磨き丸太」は有名ですが、やはり生活様式の変化で、床の間のあるような和風建築の減少や、茶室なども設えなくなってきている影響で生産は減少傾向にあります。


以上、伊吹嶺京都特派員がお伝えしました。ペコリ


posted by てっぱん at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

春の汗

IMG_1440.JPG
昨日は、ある調査地の手伝いで・・・

IMG_1463.JPG
こういった作業の手伝いに・・・

IMG_1465.JPG
伐った木を整理する作業に汗を流していました。

IMG_1470.JPG
やや曇っていましたが、市内を見渡せて、晴れなら大阪方面も見れたでしょう。標高837.2mからの世界です。

IMG_1471.JPG
今日の一押し!! クリックして見てください。山頂の木々が夕日に染まり始めているところです。ここに立っていると思えば一句が浮かぶと思いますよ〜〜

posted by てっぱん at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

静かな夜に騒ぐ私

IMG_7085.jpg

仕方がありませんが、営業にならない日が続きます。一帯の静かなこと・・・
 
うつむき加減で家に入ろうとしたら、見慣れぬ猫が歩いていて・・・

違う違う!! なんとアナグマやん!! 

人通りが少ないせいでしょうか。いったいどこから来たのやら、予想では、鴨川か、その先の東山からか? 

エ〜〜  河原町を横断してきた!? 自転車の人にUターンして消えていきましたが、自転車の人は全然気づいてなさそうでした。

詠むのも大変やし、誰にもわからんやろうから、ブログネタに。 

いやいや、スクープ

posted by てっぱん at 21:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

桜に思うこと

IMG_1351.JPG

昨日は伏見稲荷へお一日参りに行きましたが、今までに見たことがないほど空いていました。

ガーラガラ。柏手を打っているのは私一人ではありませんか! 

オーマイガー って神様の前やけど・・・


あちらこちらで桜がきれいに咲いていましたが、今年は、なんとなく対面しようという気がしません。

なんでやろ? コロナでこんな風になってしまったからかな?

真面目に考えてみたら・・・ この騒動が落ち着いて、たとえば、それは来年に、

真正面から見て、どう桜が見えるんだろうという期待のせいだと思っています。

posted by てっぱん at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする