2019年02月20日

休み明け

DSC_0019.JPG


昨日は休みでしたが、家の中を直す作業をしていて俳句とは少し離れていた感じがしていました。

最近、いろいろとこういった作業に追われています。因みに、昨日は廊下のフローリングを張り替えていました。

何でも詠めばという声が聞こえなくもないのですが・・・ 実際には、余裕無く作業に没頭していたかも。


ひと段落して、カメラ屋さんに寄ってきました。魅力的なラインナップでしたが、そこはグッとこらえて帰宅。

てな訳で、今日は昔の写真をアップ。

お題は『セクシー』  はよ俳句モードに戻らんと。




posted by てっぱん at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

ジビエ

P_20190214_190716 (1).jpg


以前、山の師匠に鴨撃ちに連れて行っていただきましたが、そのときは空振りに終わりました。

俳句的には十分に満足していたのですが、連れて行ってあげると言った猟師としては納得されなかったようで・・・

鴨の猟期が終わりますので、間に合ったとばかりに獲った鴨と、捌き方の本を届けてくださいました。

本を見ながら捌きましたが、なんとか鴨に申し訳がたったでしょうか。

心臓、砂ずりなどを美味しくいただき、肉をどういただこうかと思案中です。


「残る鴨」 ちょっと違った角度で感じております。



posted by てっぱん at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

ついにこの日が

P_20190212_142526 (1).jpg
          一応、クリックで拡大もします

今日は休日でしたが、横の路地の工事があったりして半日拘束されてしまいました。

その後、用事があったのでバスで下賀茂神社まで行き、帰りは鴨川を歩いてきましたが・・・ なんとなんと、翡翠を初めて見かけました。今までも出るらしい場所でカメラマンの人と待っていたりもしたのですが、実際には見たことがありませんでした。

オ〜〜 と感動していたのですが、なんせカメラが壊れてしまったので手元のスマホしかありません。一歩進んでパチリ。もう一歩・・・ 逃げるまで近づいたものの、仕方が無い写真しか残せませんでした。

しか〜し、感動と相俟って、俳句が上達するような予感がしましたよ!! 気のせいか?


posted by てっぱん at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

寒くて静かな夜

DSCN6228.JPG

伊吹嶺2月号より

実家までレンタサイクル冬日和

小雪や仏飯の湯気灯に浮かぶ

藁葺の柿干櫓しぐれ来る

杣道を閉ざす鎖や冬構

猟犬の息小刻みに獲物追ふ



句会で採っていただいた句もありますが、一番気に入っている句は、小雪の句です。

句からは分かりませんが、亡き父を想い詠みました。


posted by てっぱん at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

合計 42325円也

DSCN5457.JPG

昨年に、頼りにしていたデジカメが故障してしまいました。スマホがありますが、私には使い難くて仕方がありません。

修理に出しましたら、「見積もりのハガキが届きますので、それを見てから修理するかどうかお返事ください」とのこと。

そして、ハガキが届いたら・・・ 買った値段より高い!? 正確な値段は忘れましたが・・・


そんなん、修理しませんよね〜 思い入れがなかったら、さっさと新しいのを買ってください ということでしょうか。

只今、家内に見積もりの葉書きをチラチラさせて、「おかしいやろ これ どう思う?」と密かな作戦を実行中。

句作も難しいけれど、チラチラ加減も難しいです。


posted by てっぱん at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

マリオカート

P_20190201_073747.jpg


二月になりました。と言ってたら、もう六日です。

ブログも何度か書き始めていましたが、途中まででアップしない日が続いてしまいました。

昨日は京都句会があり、自分では良い句だな〜 と惚れ惚れしていましたが、見事に空振り! 高校球児の三振のように爽やかな? 帰宅でした。

その帰宅時、最近何度と見かけるのですが、マリオ風の着ぐるみでカート(ナンバー付)に乗った一団が四条通を4.5台で走っていました。

首都高での交通事故もあり、社会問題になりつつあるなか、運転者は外国の方ですので、不慣れな日本の道路ではちょっと危なっかしいです。

先導の運営会社らしき人物が、市バスの運転手に手を振ったり、「何あれ〜」という若者に手を振ったりして楽しい旅の思い出を演出していましたが、

私は、「運転手さん、手を振るなよ!」「よし、いいぞ〜 そんなんに応えたらアカン。京都の人なら、冷やかな目線で通しなさい。」と心の中で呟いていました。「京都のまちに相応しくないぞ〜」といわんばかりに。

私、別に不機嫌な訳ではありません。ネット句会のお知らせで、「思ったこと・感じたことはドシドシ言いましょう」というように書こうかと思いつき・・・ やっぱり、やーめた。ブログにしとこ という次第でした。



posted by てっぱん at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする