2020年05月28日

こんな日もある

P_20200526_095332.jpg

店の改修もなんとか終えて、今日は11日ぶりの営業でした。

忙しい、暇に関わらず、店を開けての状態が今の自分の大事な基準と実感。

今日は、ふわふわとした感じで過ごし、俳句とも距離がありました。

まぁ、仕方なし

posted by てっぱん at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

時間と勝負

P_20200526_062441.jpg

おはようございます。今日は昼から雨です。

あと少し残っているお茶刈りを、少しでも進めたいので頼まれました!

5時に決定し、今は6時過ぎの宇治に来ています。

さーて、どこまで天気がもつやろ?


P_20200526_131058.jpg

無事に雨にも降られず、今日予定していた作業は終えられました。今年のお茶刈りの手伝いは終了です。ホッ

帰りに持って帰るかと聞かれたので、喜んで淡竹(はちく)を頂いてきました。

柔らかくてアクも少なく、糠を入れなくても美味しくいただけます。帰ってから早速湯がいて晩御飯のサラダにしました!

めっちゃうまい とはこのことなり〜 

さて、ネットを見ると、

淡竹(ハチク)は孟宗竹のタケノコとは違い、地面を掘る事はありません。タケノコが地面から顔を出してしまうとエグミが出始めるので、顔を出す前を探し出し掘って採ります。だから「筍掘り」と言うとあり・・・・

淡竹(ハチク)は地下茎が浅く、すぐに地面に出てきます。また、エグミ、所謂アクが強くないので、地面から出ているものを採ります。淡竹(ハチク)の場合は「掘り」ではなく「淡竹(ハチク)採り」または鎌で切りとったりもするので「「淡竹(ハチク)刈り」と呼びます。

などと書いてありました。

それでですね・・・ たとえば、俳句で「筍刈り」というのを見かけたら、はは〜ん、淡竹のことやな ニヤリ

としたい訳でございまする。
                  お疲れ様でした〜〜



posted by てっぱん at 06:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

やや気落ちして

実は、店舗のメンテナンスのため、一週間ほどの予定で店を休み工事をしています。

スタートはいろいろと立ち会わないといけないことがありましたが、家内がいてくれて付きっきりでいる必要もないので、頼まれた宇治のお茶刈りの手伝いに行ってきました。

主な仕事は、お茶刈機で刈った茶葉の袋を茶畑から車まで運ぶ仕事です。一袋は数キロ程度だと思うのですが、数があるのと、斜面を上がり下がりするのが結構きついです。

ここ最近の運動不足のせいか・・・ 夕方近くになって膝が痛みだし、斜面の上がり下がりができなくなってしまいました〜😵 

俳句は・・・ できそうかな...


P_20200520_112141.jpg


P_20200520_110249.jpg
posted by てっぱん at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

危ういブログにつき

前回の写真の4枚目と、6枚目の写真に関して教えていただきました!!

私が、「山あじさい」としたのと、「つつじ」としたのは間違いで・・・

【クリックで画像が拡大】
IMG_1546.JPG
「さびたの花」「花さびた」

【クリックで画像が拡大】
IMG_1551.JPG
「卯の花」の仲間「苗代空木」あるいは「谷うつぎ」と呼ばれている花だそうです。

今になって思えば、アジサイでこんな形の木になっているのは見たことがなかったかと。

訂正させていただきまーす。
posted by てっぱん at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

絵手紙ではないけれど・・・

今日はバイクで出かけてきました。久しぶりの外出ですが、運動にはなっていないのが少し残念。

とはいうものの、リフレッシュされたので読者に? お届けを!!


旧花背峠の別れ道 昔は炭を背負って売りに行った道
IMG_1540.JPG


桐の花 気品があるな
IMG_1543.JPG


竹皮を脱ぐ まさしく私の脱ぎ方と似ている
IMG_1545.JPG


山紫陽花だろうか バッタリ出会った美人
IMG_1547.JPG


一か所だけ色づいていたけど、なんでやろ・・・
IMG_1549.JPG


自信はないけど、つつじ。蕾だけのものを何枚か撮ったけど、多分、みんなツツジだったかと
IMG_1551.JPG


一人で出会うとどうも薄気味悪い。テンナンショウの仲間
IMG_1553.JPG


十数メートルはあったかと。谷見下ろしに藤の花
IMG_1556.JPG


ツツジとの違いがわかっていませんが、倒木の上に鮮やかなサツキ・・・かな?
IMG_1557.JPG


今は使われていませんが、炭焼き小屋
IMG_1560.JPG


百井峠のお地蔵さん 自転車で来た覚えはあるけど、そのときは、心臓がバコバコとなった急坂。今日はアクセルひねるだけ
IMG_1562.JPG


写真を見て、少しはリフレッシュしてくださいませ。



posted by てっぱん at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

初夏

IMG_1522.JPG

写真は、ピンボケながら、やっとの思いで出会えたクリンソウ!

名前は聞き覚えがあったのですが、どんなものかサッパリ記憶に残りませんでした。

ただ、先日、北山へ出かけたときに小流れを歩いていたら・・・ 

パッと目に飛び込んできて、もしや・・・

植えた訳でもなく、自然のままでこんなのが咲いているのは、うれしいですね〜

名前の由来も、仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることからということで、なるほど〜〜

もう、覚えたぞ。初夏の季語だそうで、体感したタイミングもばっちりじゃないか。




posted by てっぱん at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

うつろふ

IMG_1519.JPG


日に日に暑さを感じるようになってきました。この前、北山の某場所を見に行きましたが、タラの芽が一つしっかりと残されていました。

全部採ってしまうと木が枯れてしまうとか。春も終わりだなと実感した場面をパチリ


伊吹嶺5月号より

春寒や紙幣拒める券売機

屋根替の木端に膨れ米袋

春泥を来て風に鳴る卒塔婆かな

富川磨崖仏
願掛けに納むる錐や春寒し

春田打土塊の草風に振れ





posted by てっぱん at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする